スポンサードリンク

低体温症のその他の最近のブログ記事

似ている症状となるのが、低体温と低血圧です。低血圧は、血液を送り出す力が弱いために、寝ている状態から起きることが苦手になります。全ての人が、朝が苦手になるわけではありませんが、傾向としてはとても強くなっています。
低血圧の人は、低体温も同時に持っていることが多く、症状も似ているものが重なっています。血流が悪く、むくみやコリが起きてしまうのも、同じ特徴です。
朝起きることができないために、朝食を抜いていると悪循環となります。朝はしっかり食べることから始めましょう。
そのためには、朝早く起きることが肝心です。血圧が低いからといっても、全ての人が低体温とは限りません。血圧と体温を測り、自分がどのような体質かを確認してみてはいかがでしょう。
低血圧の場合、血液の流れが悪いことから、貧血やめまいが起きることも増えます。女性の場合ならば生理中に増える症状になるでしょう。
こうしたことのほか、自律神経の働きにも悪影響が出ます。生活を見直して、改善していけるものから改善していかないと、低体温になります。もうすでに低体温という人ならば、症状が悪化します。
そのままにしていると、病気になりやすい身体になります。正常値よりも、体温、血圧が低いのですから、決して健康体ではありません。

低体温になると、がんになりやすいといわれています。免疫力や代謝が低下していますから、がん細胞が活発になりやすいのです。
免疫力の低下から、ウイルスに感染しやすい身体になります。風邪をひく回数が増える、すぐに体調が崩れやすいなどは、がんの前兆として起きやすい症状です。
低体温は35度の体温が多く、悪化している人の場合にはさらに低い体温となります。この35度の体温というのは、がん細胞が最も活発になる体温です。
さらに、低体温の人は、朝と夜の体温の差が0.5度以下です。起きた時に平熱が36度ないことも、低体温ということができます。
熱が出るとつらい症状となりますが、これは異物に対抗している証拠です。熱を出すことによって、ウイルスと闘っていることになります。
低体温の人は熱が出ても、平熱程度ということが多く、抵抗力がないといえます。高熱が出ることもありませんから、風邪をひくと長引いたり、何度も風邪をひいてしまうことも増えます。身体が弱っていると、がん細胞が動き出し、ますますがんの症状を進行させてしまいます。
平熱が低いと、体力がないといい変えることもできます。高齢者は特にその傾向が強くなるでしょう。
健康状態を知るために、平熱が何度あるのかを知っておくようにしましょう。

女性の生理不順が、低体温から来ている場合もあります。低体温になるとホルモンの分泌が減少し、必要なだけの栄養が卵子に行かなくなります。生理周期が乱れることになり、さらに卵子の状態も悪くなるのです。
周期が乱れてくると、無排卵になる可能性が出てきます。排卵が起きていない状態で、妊娠できない身体になります。
排卵があっても、低体温になると卵子が未熟で妊娠するだけの卵子になれないのです。妊娠しても流産しやすくなりますから、女性は低体温にならないように、気をつけなければいけません。
平熱を測り、低体温になっていないかどうか確認してみましょう。また、排卵があるかどうかは、基礎体温をつけることで分かります。
生理周期は約30日前後です。生理があった日から換算して、30日後に生理が来るという計算です。
この周期は、低温期、高温期があり、この二相がしっかりと作られることによって、正常ということが分かります。この相が乱れていると排卵が起きていないといえます。
40日以上間隔が開いてしまうと、心配です。生理の状態を良く見ておき、低体温と併せて注意するようにしましょう。
妊娠できない危険性がとても高くなります。身体の内部に異常を招く低体温は、女性にとっては早急に改善しなければいけないことになるのです。

低体温の人は、痩せにくい体質になっています。代謝が悪く、脂肪の燃焼率が低いためです。
太っていても、平熱が高いとは限りません。低体温になっている可能性があり、それが、体重の落ちない原因かもしれないのです。
身体が冷えていると、全身に影響が出ます。痩せないのは、本来脂肪の燃焼に必要な代謝が、低下しているためです。
体温が1度低くなると、12パーセントも基礎代謝が低下します。平均的な平熱の人と、低体温の人の温度差が5度ある場合には、62パーセントも差があることになるのです。
半分以上代謝が悪いことが分かります。脂肪の燃焼は痩せにくいということだけではなく、身体に必要なエネルギーを取り込むことが、できないことにもなります。
食事をしてから、内臓が消化をはじめます。それが全身に血液となって運ばれますが、低体温の人は、内臓の働きが悪く、上手に消化することができません。
必要な栄養素が不足してくることになり、エネルギー不足になってしまいます。さらに代謝が低下して、低体温になってしまうのです。
体型に関係なく、低体温の人は手足が冷たい人が多く、女性なら、ホルモンの働きも低下しています。体質を改善しないと、痩せることが難しくなってしまいます。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち低体温症のその他カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは低体温症の改善・治療です。

次のカテゴリは低体温症と特定の人です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11