スポンサードリンク

子供に起きる低体温の弊害

子供に低体温が増えているのは、生活習慣が主な原因です。夜遅くまで起きている子供が多く、理由は受験やゲームなどです。
睡眠不足になると、子供の場合には精神的な影響も見過ごせません。集中力に欠け、特に午前中は、活動的になれなくなります。
怒りっぽくなるのも、低体温が関係してきます。自律神経のバランスが崩れ、思考、行動、性格に悪影響が出ます。子供であってもストレスが溜まるようになり、健康を損なう子供が増えてしまうのです。
子供にこれまで見られない病気が増えたのも、低体温から来ている場合があります。アレルギー体質として、食物、花粉、喘息、アトピーなど、どれも免疫力の低下から来ています。
免疫力が低下しているのは、内臓の機能を弱くしている低体温も原因になるのです。神経科にかかる子供も多くなりました。大人と同じような症状が子供に出ているのです。
子供の健康は大人が守ってあげなければいけません。将来のためと、受験勉強ばかりさせていても、健康を損なっていては将来のためとはいえないでしょう。
体のリズムを作り、健康的な生活をしておくことが、子供のためには必要です。低体温から起きる症状はとても多く、病気を招く大きな原因です。早めに対策を取り、子供に合った生活をさせるようにしましょう。

このブログ記事について

このページは、yosakuが2009年8月 5日 20:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「女性の低体温」です。

次のブログ記事は「赤ちゃんが低体温にならないために」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11