スポンサードリンク

低体温から来るがん

低体温になると、がんになりやすいといわれています。免疫力や代謝が低下していますから、がん細胞が活発になりやすいのです。
免疫力の低下から、ウイルスに感染しやすい身体になります。風邪をひく回数が増える、すぐに体調が崩れやすいなどは、がんの前兆として起きやすい症状です。
低体温は35度の体温が多く、悪化している人の場合にはさらに低い体温となります。この35度の体温というのは、がん細胞が最も活発になる体温です。
さらに、低体温の人は、朝と夜の体温の差が0.5度以下です。起きた時に平熱が36度ないことも、低体温ということができます。
熱が出るとつらい症状となりますが、これは異物に対抗している証拠です。熱を出すことによって、ウイルスと闘っていることになります。
低体温の人は熱が出ても、平熱程度ということが多く、抵抗力がないといえます。高熱が出ることもありませんから、風邪をひくと長引いたり、何度も風邪をひいてしまうことも増えます。身体が弱っていると、がん細胞が動き出し、ますますがんの症状を進行させてしまいます。
平熱が低いと、体力がないといい変えることもできます。高齢者は特にその傾向が強くなるでしょう。
健康状態を知るために、平熱が何度あるのかを知っておくようにしましょう。

このブログ記事について

このページは、yosakuが2009年8月17日 05:32に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「低体温と生理不順の関係」です。

次のブログ記事は「低血圧と低体温」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11