スポンサードリンク

低体温の弱点

朝起きるのがつらいという人は、低体温かもしれません。同じような症状となるのが低血圧ですが、どちらも朝起きることが苦手になってしまいます。
朝起きた時の血圧は、1日の中でも低いものです。そのため低体温にもなってしまいます。どちらも朝起きることが苦手になるのは、身体の調子が出ていないからです。
大人の低体温であっても、子供の低体温であっても解消するためには、生活のリズムを取り戻すことです。毎日規則正しい生活を心がけることが、一番必要なことになります。
そして温度の調整にも気をつけましょう。室内と室外の温度差を感じなくなると、低体温を招きます。体温が低いことは病気ではありませんが、そこから病気になりやすい身体になってしまいます。
病気の予備軍といえるものですから、気持ち良さを優先させることなく、汗をかくことも大切だということを覚えておきましょう。
ストレスが増えてくると、神経の働きも悪くなり血液の循環に影響します。低体温になるのは、些細なことの積み重ねです。毎日の生活の中で気をつけていかないと、不健康な身体になってしまいます。
子供に低体温が増えているのも、大人と同じような生活習慣になってきたためです。ストレスが溜まり、不規則な生活などを繰り返していると、大人になってからも体質を変えることができなくなります。

このブログ記事について

このページは、yosakuが2009年8月23日 02:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「低血圧と低体温」です。

次のブログ記事は「冷え性と低体温」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11