スポンサードリンク

低体温の入浴方法

低体温を毎日改善するために役立つのが、入浴です。身体を芯から温めることで、血行促進ができます。筋肉がほぐれますから、疲れも解消できます。
低体温の人以外にもおすすめしたいのが、半身浴です。ぬるめのお湯に、心臓の下部分まで入ることが基本となります。低体温の人はぬるいお湯の場合、汗が出ることなく、効果が出ないことがありますから、ちょっと熱いくらいのお湯でも大丈夫でしょう。
半身浴は身体に負担をかけることなくできる入浴法です。時間をかけてお湯につかることがポイントです。湯船には3回ほど入ります。その間に身体、頭などを分けて洗うようにします。
シャワーだけで済ませているという人は、汗を流すだけではなく、汗をかくことも大切ということを、知っておきましょう。
お風呂に入りながら、マッサージをすると低体温の身体も、温まってきます。熱すぎるお湯の場合には、身体が疲れてしまいますから、あまり熱くしないようにしましょう。
低体温の人で、長い入浴ができない人もチャレンジしてみてはいかがでしょうか。お風呂に長く入っている人は、腰痛や肩こりなどが、起こりにくい身体になっています。
同じような生活をしていても、入浴時間でかなり差が出ます。低体温の人でも、かなり効果を出すことができます。

このブログ記事について

このページは、yosakuが2009年9月 4日 05:48に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「低体温を改善するには」です。

次のブログ記事は「低体温を食事で改善」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11