スポンサードリンク

低体温を食事で改善

低体温の人は、代謝を上げることが先決になります。運動をするほか、食事を変えるようにしてみましょう。
代謝を活発にしておくためには、身体の中を冷やさないことです。夏の暑い日であっても、冷たいものばかり食べないようにします。低体温の人は、飲み物は特に気をつけたいことで、一気に流し込むことなどしないようにしましょう。
甘いものを多く摂りすぎてしまうと、内臓機能を低下させてしまいます。乳脂肪や糖分を多く使っているお菓子類は、食べないことも必要です。
そして、低体温の人は、必ず朝食を摂るようにしましょう。食事を抜いてしまうと、頭と体が寝ている状態のままになります。半日以上、寝ている状態で起きているのと同じになりますから、しっかりと食事をするのです。
ダイエットをしている人は、食事を少なくしがちです。痩せるためとの考え方ですが、これが低体温を招き、痩せにくい体質にしてしまいます。
痩せたい人は、しっかり食事をして、脂肪をエネルギーに変えることのできる体質にしておくことが、重要になります。低体温になってしまうと、痩せにくい体質になってしまいます。
食事をする時には、温めて食べるということも基本です。冷たいものを食べると胃腸の働きを低下させることになってしまいます。

このブログ記事について

このページは、yosakuが2009年9月 6日 20:25に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「低体温の入浴方法」です。

次のブログ記事は「低体温に漢方」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11