スポンサードリンク

低体温で気をつけたいこと

低体温になったら血行を良くするようにしましょう。身体を締めつける服装をすることは避けたほうがいいでしょう。
靴下や下着などは、サイズがぴったりのものを身につけるようにします。目安は、脱いだ時にゴムの跡が何分間ついているかです。15分以上ついたままの状態の時には、下着がきつい可能性が高くなります。
低体温の人は、ぜひ身体を動かすようにしましょう。血行を良くすることができ、汗を出すことによって代謝も高くなります。身体を温めておくことができますから、できる運動からはじめてみましょう。
脂肪の燃焼率も高くすることができますから、ダイエットもできてしまいます。筋肉がつくことによって、さらに全身に血液が行きわたるようになります。
原因が食事にあるという人は、すぐにでも改善して、低体温を解消していくようにしましょう。身体を温める食材は数多くあります。毎日食事に摂り入れるようにしていきましょう。
低体温の改善をするには、ひとつだけを良くしても効果が期待できません。全てバランス良くしていかないと、体質を変えることはできないからです。
特に変えたい部分から変えてみるようにしていくといいでしょう。ひとつずつクリアしていくことで、低体温の体質が変化するはずです。

このブログ記事について

このページは、yosakuが2009年9月24日 21:45に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「サプリメントで低体温対策」です。

次のブログ記事は「低体温が引き起こす病気」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11