スポンサードリンク

低体温から起きるアレルギー

アレルギー体質の人が増えていますが、低体温とも関係があります。免疫力が低下し、これが低体温から来ていることもあるからです。
アレルギーは免疫力が低下して、異物に対抗できないために症状が出てきます。アレルギーの代表ともいえる、花粉症や、喘息、アトピー性皮膚炎やその他のアレルギー症状が多くなっているのは、同じく発病者が増えている、低体温とも関連しているのです。
免疫力の低下は、体質を変えてしまうほどの力を持っています。低体温だけから、アレルギーになるわけではなく、生活が変化したことも原因です。そしてこの変化が、低体温を引き起こしていますから、間接的には、関係してくることになるでしょう。
アレルギーのほか、自律神経失調症といった病気にもなってしまいます。必ずなると決まっているものではありませんが、発病する危険性が高くなってしまいます。
低体温ではない人以上に気をつけていないと、体調を壊しやすく、ストレスなども溜まります。体力をつけることで、身体を鍛えていかないと、すぐに体調を壊すことも多くなるでしょう。
体質を変えることは、簡単にできることではありません。予防をしておくことで、アレルギーなどにならないようにしておくしかありません。

このブログ記事について

このページは、yosakuが2009年10月 4日 07:24に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「低体温の原因を知る」です。

次のブログ記事は「低体温症について」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11